トップ  >  看護師  >  急増する“ナースマン”への期待と課題

急増する“ナースマン”への期待と課題

2013年09月27日

今年7月に厚生労働省が発表した「平成24年度衛生行政報告例」によれば、就業している男性看護師は6万3321人。全看護師数(101万5744人)に占める割合は6%程度とはいえ、その数は10年前の2.5倍に急増している。看護師養成所の新入生だけでみると男子学生の割合は既に10%を超えており、この傾向は当面続きそうだ。
という記事。

急増する“ナースマン”への期待と課題:日経メディカル オンライン

ちなみに私もナースマンです。

記事によると、

医療現場では、男性看護師のキャリアパスをどう考えるかという、新たな課題に直面している。

といういことで、
私もその問題に直面している一人何だったりします。

男性看護師が珍しいぶん、
自分のキャリアのモデルになるような人も少なく、
暗中模索という感じもしてきます。

まあ、いろいろ悩んでも仕方がないと思うので、
今の自分にできることを最大限行っていくことが、
大切なんだろうなと思ったりしています。

関連記事

中国人男性が、自分の額で新しい鼻を育てている。 | トップページへ戻る | 国内の献血から初のシャーガス病の抗体陽性例

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント