トップ  >  健康  >  放射能恐れ? 外遊び減り、乳幼児にビタミンD欠乏性くる病に

放射能恐れ? 外遊び減り、乳幼児にビタミンD欠乏性くる病に

2013年09月26日

日光を浴びずに母乳栄養での育児を続けた影響からか、乳幼児がビタミンD欠乏性くる病になる事例が報告されている。小児科医らは「子供の成長には日光は不可欠。妊娠期から適度な日光浴とバランスの良い食事を取ってほしい」と呼び掛けている。
という記事。

放射能恐れ? 外遊び減り、乳幼児にビタミンD欠乏性くる病に (産経新聞) - Yahoo!ニュース

記事からは、
「放射能を恐れて」という理由でくる病が増加しているかどうか、
ということは読み取れない。

その可能性がある、
というくらい。

「放射能を恐れて」という理由が本当に深刻なケースというのは、
実際にどのくらいあるのだろうか?

そういう調査じたいも、
あるのかどうかわからないけど。


関連記事

急性期病床の削減 診療報酬のカット狙う | トップページへ戻る | 脳の若さを保つ秘訣は「夫婦愛にある」ことが明らかに

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント