トップ  >  医療  >  脚骨折で入院中、脚を床に落とし骨折させた病院

脚骨折で入院中、脚を床に落とし骨折させた病院

2013年09月22日

兵庫県は20日、県立病院で5~7月、カテーテルの一部を血管内に放置するなどの医療事故が計3件あった、と発表した。
という記事

脚骨折で入院中、脚を床に落とし骨折させた病院 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
の、
塚口病院(同)では、6月、脚の骨折で入院中の70歳代の女性をトイレで介助していた看護師が、過って女性の脚を床に落として骨折させ、再手術が必要になった。
という記述、
どういうことなのかわかりにくいなと思ったけど、
骨折をつなぐ手術をしたあとに、
その足に衝撃を加えて再び折れてしまった、
ということなんだろうと考えた。

患者はおそらくこういう姿勢で、

http://jp.123rf.com/photo_5253951_man-with-broken-leg-in-wheelchair.html
この状態からトイレに移動するのを介助するときに、
足が落ちたと。

医療の現場で起きたことを、
言葉で記述するのは難しいことだなと思った。


関連記事

熊本大病院で医療事故 検体入れ替わり、別人の肺の一部切除 | トップページへ戻る | 医療・介護費 5兆円抑制

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント