トップ  >  医療  >  終末期医療の相談員配置へ

終末期医療の相談員配置へ

2013年09月18日

厚生労働省は18日までに、治療の手だてがなく死期が迫った入院患者や家族の悩みを聞き、医療・ケアチームとの意思疎通を円滑に進める終末期医療の相談支援員を医療機関に配置する事業を、2014年度から始める方針を決めた。
ということ。

http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091801000780.html

小さな病院にも、
配置されるのだろうか。
関連記事

「医療事故」年5万人弱死亡? | トップページへ戻る | 100歳以上、最多5万4300人

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント