トップ  >  健康  >  レモンやライムなどの「果汁」が皮膚についた状態で日光に当ると危険

レモンやライムなどの「果汁」が皮膚についた状態で日光に当ると危険

2013年09月12日

レモンに含まれる成分が日光と反応して、ウルシかぶれに似た症状を引き起こす
といことだ。

http://rocketnews24.com/2013/09/09/365715/

知らなかったな。
関連記事

豊富な栄養が学校の成績向上の鍵 | トップページへ戻る | 高齢者らの移動支える電動手すりを開発

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント