トップ  >  医療  >  診療制限なしの病院数、6年連続で減少

診療制限なしの病院数、6年連続で減少

2013年09月11日

愛知県内の全病院を対象にした医師不足に関する調査で、診療科の全面休止や時間外救急患者の受け入れ制限などの「診療制限」を行っていない病院が6年連続で減少していたことが分かった。11日に調査結果を公表した愛知県は「医師不足による県内病院の診療への影響は、深刻な状態が継続している」と分析している。
ということ。

診療制限なしの病院数、6年連続で減少 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

全国的に同じような傾向にあるんだろうなと思います。
関連記事

米GE、世界初の騒音出ないMRI装置を日本発売 | トップページへ戻る | 看護職の7割が給与に不満、半数が離職検討

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント