トップ  >  健康  >  ビタミンD不足 北日本は長時間の日光浴を

ビタミンD不足 北日本は長時間の日光浴を

2013年09月01日

成人が1日に必要とする量のビタミンDを体内で作るには、北日本ほど長時間の日光浴が必要とされ、冬の札幌市では茨城県つくば市の3倍以上の時間がかかることが、国立環境研究所(つくば市)の研究で明らかになった。30日付の日本ビタミン学会機関誌に発表する。
ということ。

<ビタミンD不足>北日本は長時間の日光浴を (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

記事によると、

ビタミンD5.5マイクログラムを、日光浴だけで作るための必要時間を分析した。その結果、12月の晴れた日の正午に顔と両手を露出した状態で、那覇7.5分▽つくば22.4分▽札幌76.4分--と、札幌ではつくばの3倍以上の時間がかかることが明らかになった。

ということです。

北海道あたりまで行くと、
わりと長く日光浴をする必要があるのだなと思いました。

関東関西くらいに住んでいたら、
それほど意識的に日光浴をしなくてもいいのかもしれないですが。

関連記事

多量のコーヒー摂取は早期死亡に関連 | トップページへ戻る | 在宅酸素療法で酸素爆発、焼け野原!?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/02 08:46)

つくば市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベル エージェント: 2013年09月02日

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント