トップ  >  医療  >  生後1か月女児に10倍の抗生物質、足の指壊死

生後1か月女児に10倍の抗生物質、足の指壊死

2013年08月27日

兵庫県は21日、県立こども病院(神戸市須磨区)で、生後1か月の女児に誤って通常の10倍の量の抗生物質を投与し、副作用のために足の指3本を壊死(えし)させる医療ミスがあったと発表した。
ということ。

生後1か月女児に10倍の抗生物質、足の指壊死 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

注射用のバンコマイシンは1バイアル0.5g(500mg)で、

点滴静注用バンコマイシン0.5「MEEK」|小林化工株式会社
たいてい大人の一回量が一バイアルなので、
生後一ヶ月の小児に1バイアルの4/5(400mg)投与するというのは、
通常の感覚でも多すぎると感じるのではないかとおもうのだけど、
実際のところどうだったのだろう。
関連記事

死亡宣告された男性が、その45分後に生き返る | トップページへ戻る | 果物、高タンパク、若干のアルコールが糖尿病性腎症を抑制

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント