トップ  >  健康  >  果物、高タンパク、若干のアルコールが糖尿病性腎症を抑制

果物、高タンパク、若干のアルコールが糖尿病性腎症を抑制

2013年08月27日

健康的な食事と適度なアルコール消費は、2型糖尿病患者における慢性腎症発症リスクの低下、あるいは進行の抑制に有効であることが、カナダ、マクマスター大学のDaniela Dunkler氏らの検討で明らかになった。
ということ。

果物、高タンパク、若干のアルコールが糖尿病性腎症を抑制(2013.8.22掲載)

ようするに、
健康的な食生活が大切ということだろう。

関連記事

生後1か月女児に10倍の抗生物質、足の指壊死 | トップページへ戻る | 胃ろうの人の2割強、嚥下など評価せず手術

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント