トップ  >  医療  >  胃ろうの人の2割強、嚥下など評価せず手術

胃ろうの人の2割強、嚥下など評価せず手術

2013年08月26日

口からの栄養補給の代替手段である「胃ろう」を着けた人の2割強が、手術前に、食べたり飲んだりできるかを確かめる「摂食・嚥下機能評価」を受けていなかったことが、医療経済研究機構の調査で分かった。さらに、口から食べる機能が回復する可能性がある胃ろうを着けた人の2割強が、そのための機能訓練を受けていないことも明らかになった。調査結果について同機構では、意思疎通が難しい人が多い点などが背景にあるとしながらも、特に機能訓練に関しては、「専門職のリハビリテーションが受けられる環境の整備を急ぐ必要がある」と指摘している。
ということ。

胃ろうの人の2割強、嚥下など評価せず手術 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

嚥下機能の低下した人に安全を優先すれば、
胃瘻ということになるのだろう。

本人の意思がよくわからないまま胃瘻になることが多い、
ということも、問題だろうなとおもう。

関連記事

果物、高タンパク、若干のアルコールが糖尿病性腎症を抑制 | トップページへ戻る | スイカが発揮する5つの健康効果

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント