トップ  >  医療  >  多くの医師が抗生物質を間違って使用

多くの医師が抗生物質を間違って使用

2013年08月24日

米国の医師が抗生物質を処方する際、60%以上の比率で最も強力な薬剤を選択していることが、新たな研究で明らかにされた。しかし、抗生物質の効かないウイルスによる感染もあり、このような広域スペクトル抗生物質(複数種の細菌を死滅させることができる)のうちの25%以上は無駄だという。

多くの医師が抗生物質を間違って使用(2013.8.22掲載)

症状に対して最適な抗菌薬を選択することの難しさ、
患者さん側の早く治して欲しいという要求、
などが影響していることだろうなと思います。
関連記事

男性医師が患者に刺され死亡 | トップページへ戻る | 臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に「脳が活発化」 米研究

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント