トップ  >  薀蓄  >  臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に「脳が活発化」 米研究

臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に「脳が活発化」 米研究

2013年08月23日

心臓まひを起こし死の淵に立った人が時に経験する、まぶしい光などの鮮明な「臨死体験」は、科学的に説明できるかもしれないとする研究論文が12日、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。脳は、血流が停止した後も30秒程度、活動を続けることが分かったという。
ということ。

臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に「脳が活発化」 米研究 国際ニュース : AFPBB News

ラットの脳で、
心停止後に脳の活動が一瞬活発化しているということが分かっても、
同じことを人の脳で調べるのは難しいだろうな。

関連記事

多くの医師が抗生物質を間違って使用 | トップページへ戻る | セレウス菌13人感染うち2人死亡

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント