トップ  >  薀蓄  >   “親切な人への親切行動”は幼児期から

“親切な人への親切行動”は幼児期から

2013年08月22日

ことわざ“情けは人の為ならず”にある「他人に親切にすると、自分も他人から親切にされる」といった人社会の特異的な仕組みは、5~6歳児の日常生活のうちから起き出していることが、大阪大学大学院人間科学研究科の清水真由子特任研究員や大西賢治助教らによる、幼児たちの行動観察で明らかとなった。
ということ。

ニュース - 科学&宇宙 - “親切な人への親切行動”は幼児期から - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)

こういう当たり前のような気がすることも、
科学的に調べる必要があるのだな。



関連記事

健康習慣への意識 日本人は低かった | トップページへ戻る | 統合失調症、薬出しすぎ 入院患者の4割、3種類以上 診療報酬明細から分析

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント