トップ  >  介護  >  挟み込み予防、ベッド操作前に確認を

挟み込み予防、ベッド操作前に確認を

2013年08月20日

日本医療機能評価機構は15日、電動ベッドの操作中、患者の身体の一部がサイドレールなどの隙間に挟み込まれる事例が、複数の医療機関から報告されているとして注意喚起した。同機構では、患者の身体を挟み込む恐れがないことを十分に確認してからベッドを操作するよう呼び掛けている。
ということ。

挟み込み予防、ベッド操作前に確認を - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

電動ベッドの操作の前には、
患者さんの全身を確認してからにしないといけない。

布団に隠れていた足が、
はさまりそうになっていたりとかするので。

電動ベッドの操作中にヒヤリとするケースは、
かなり多いような気がする。
関連記事

満月の夜、ヒトは睡眠不足になる | トップページへ戻る | 古い扇風機、火災相次ぐ 「物を大事に」の気持ちあだ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント