トップ  >  医療  >  手術室のミスの4分の1は機器類の不備が原因

手術室のミスの4分の1は機器類の不備が原因

2013年08月11日

手術室で発生するミスの約4分の1は外科手術テクノロジーや設備の問題に起因するという新たな研究結果が、「BMJ Quality & Safety」オンライン版に7月25日掲載された。しかし、術前のチェックでミスの発生率を半減できるという。
ということ。

手術室のミスの4分の1は機器類の不備が原因(2013.8.8掲載)

手術が始まってから、

「あれがない!」

とか、

「この機械うまう動かない!」

といことが、
よくあるということなんでしょう。

この部分には、
看護師の責任も大きいかなと思います。

関連記事

夏場の薬の保管方法 | トップページへ戻る | がん家族歴があるとがん全体のリスクが上昇

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント