トップ  >  健康  >  がん家族歴があるとがん全体のリスクが上昇

がん家族歴があるとがん全体のリスクが上昇

2013年08月11日

がんの家族歴がある人は、同じがんだけでなく、異なるがんも含めがん全体の発症リスクが高まることが、新たな研究で示された。
ということ。

がん家族歴があるとがん全体のリスクが上昇(2013.8.8掲載)

記事によると、

がんリスクを決定するうえで生活習慣が遺伝子と同程度に重要な役割を担うと指摘し、がんの家族歴があっても落胆する必要はないと述べている。

といいうことでもあるようです。

家族の家族歴がある場合は、
生活習慣にいっそう気を付けないといけないのでしょう。


関連記事

手術室のミスの4分の1は機器類の不備が原因 | トップページへ戻る | 慰謝料を要求する患者との「落としどころ」をどう探るか?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント