トップ  >  看護師  >  看護師の残業を6割減らした医薬品識別装置

看護師の残業を6割減らした医薬品識別装置

2013年08月05日

おんが病院(福岡県遠賀町)とオオクマ電子(熊本市)は、手術で使われた医薬品の種類を判別し、保険請求の書類を作成するまでの作業をすべて自動で行う装置の開発に成功した。手術後の医薬品の種類判別や書類の作成は、看護師にとって大きな負担となっているが、同病院は、この装置の導入によって看護師の残業時間を6割削減できた上、手術室の回転率も3割向上することに成功したとしている。
ということ。

看護師の残業を6割減らした医薬品識別装置 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

この装置は売れそうだなとおもう。
関連記事

病棟勤務の看護師4人が結核発病 | トップページへ戻る | オキシトシンの意外な一面

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント