トップ  >  介護  >  「要支援」介護保険から分離 社会保障国民会議の報告案

「要支援」介護保険から分離 社会保障国民会議の報告案

2013年08月03日

政府の社会保障国民会議(会長=清家篤・慶応義塾長)がまとめる報告書の素案の概要がわかった。介護を必要とする度合いが低い人向けのサービスを介護保険から市町村事業に移す案のほか、医療・介護の自己負担引き上げなどの「痛み」を求める項目が並ぶ。安倍政権が今後進める社会保障改革の土台となる見通しだ。国民会議は8月6日の報告書提出をめざし、来週から大詰めの議論に入る。
ということ。

「要支援」介護保険から分離 社会保障国民会議の報告案 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

介護保険で医療と介護を分離してきたわけだけど、
分離するとどういうメリットがあるのだろうかと、
ちょっとおもう。

「一元化」することが効率的だったり、
「分離」することが効率的だったり、
場合によって変わるのかな。



関連記事

ソニー 内視鏡映像表示を頭部に装着するモニター発売 | トップページへ戻る | カナダで数百人にコーヒーをおごる「事件」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント