トップ  >  看護  >  急増するインスリン注入器用針による針刺し

急増するインスリン注入器用針による針刺し

2013年07月26日

針刺し切創の原因器材における薬剤充填式注射針の割合は、09~10年に8.1%だったが、その90%程度がインスリン注入器用針によるものだった。
ということ。

急増するインスリン注入器用針による針刺し:日経メディカル オンライン

インスリンの注射では、
患者さんが自分で自分に注射するための機材を、
入院したときにそのまま看護師が使って、患者さんに注射していることがあるからな。

関連記事

亜急性期は急性期? 迷走する「報告制度」の議論 | トップページへ戻る | ハーバード大学「40代で出産した女性は長生きする」と報告

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント