トップ  >  医療  >  かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン

かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン

2013年07月25日

厚生労働省は16日までに、「かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン」を策定した。高齢者と日常的に接するかかりつけ医に対し、認知症にかかわる薬の注意点や適切な使用法を示すことで、BPSD(認知症の周辺症状)の悪化防止を実現することが狙い。
ということ。

かかりつけ医のための向精神薬GLを発表 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

ガイドラインは、

「かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン」について|報道発表資料|厚生労働省
関連記事

国内初、大腸用のカプセル型内視鏡が承認取得 | トップページへ戻る | イルカは名前で呼び合っている?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント