トップ  >  健康  >  十代の頃の体調が自殺率に影響

十代の頃の体調が自殺率に影響

2013年07月23日

18歳のときの健康状態がよかった人は、さほど健康でなかった人に比べて自殺する可能性が低いことが、スウェーデン、イェーテボリ大学のMargda Waern氏らの研究でわかった。研究論文は、「Psychological Medicine」6月6日号に掲載された。
ということ。

十代の頃の体調が自殺率に影響(2013.7.11掲載)

記事の中に、

「運動をすると、さまざまなストレスに対する脳の耐性が高くなるという理論がある」

という記述がありましたが、
その十代の健康状態と自殺率の関係が、そのせいなのかは分かりません。

どの年代でも、
適度な運動は大切なことだろなと思います。



関連記事

針刺し予防の日(8月30日) | トップページへ戻る | そんなのアリ?!気まぐれな院外処方

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント