トップ  >  健康  >  肥満抑制の遺伝子発見=壊すとマウス体重2倍

肥満抑制の遺伝子発見=壊すとマウス体重2倍

2013年07月22日

肥満を抑えるのに重要な遺伝子をマウスの実験で発見したと、名古屋大の浅井真人特任講師と米英の共同研究グループが発表した。この遺伝子を壊したマウスは体重が2倍になったという。研究成果は19日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
ということ。

肥満抑制の遺伝子発見=壊すとマウス体重2倍―名古屋大 (時事通信) - Yahoo!ニュース

記事によると、

脂肪の燃焼量や運動量に差はほとんどなく、餌の量が同じになるよう調整しても、遺伝子操作マウスの方が太った

ということなので、
遺伝子により、運動量がかわらなくても消費カロリーが変わることがある、
ということなんだろうな。

関連記事

そんなのアリ?!気まぐれな院外処方 | トップページへ戻る | 熱中症対策に「常温ドリンク」が適している理由

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント