トップ  >  未分類  >  ナースプラクティショナーの件

ナースプラクティショナーの件

2009年10月16日

企業などからの提案を受けて、規制の特例措置を認めた構造改革特区の設定などを検討する政府の構造改革特別区域推進本部は10月14日、評価・調査委員会の下部組織である医療・福祉・労働部会を開いた。この日は、「専門性の高い職務が可能な看護師(NP=ナースプラクティショナー)の必要性」がテーマとなり、厚生労働省からNPについての省内での議論の進捗状況やスケジュールなどについてヒアリングを行った。委員からは、「チーム医療の検討会と並行して特区を進めるべき」「厚労省政務官と話し合う場を設けるべき」などの意見が出た。
そうだ。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24771.html

民主党の政策集「INDEX2009」では、

「専門的な臨床教育等を受けた看護師等の業務範囲を拡大し、医療行為の一部を分担します」

と、明記されているということなので、
NPの実現に向けては、
今後も要チェックだろうと思う。


関連記事

新型インフルエンザ流行時 人工呼吸器はあるけど医師不足で使えない | トップページへ戻る | 小泉元首相 ウルトラマンの映画で声優デビュー

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る