トップ  >  健康  >  転倒・骨折の原因は「筋」にあり

転倒・骨折の原因は「筋」にあり

2013年07月20日

高齢者の転倒・骨折の原因として、筋量が低下する病態、サルコペニアに注目が集まっている。統一した定義はまだないが、運動・栄養療法、さらには薬物による介入の可能性を探る動きが出てきた。
ということです。

転倒・骨折の原因は「筋」にあり:日経メディカル オンライン

加齢に伴う筋力の低下をどう防ぐかが、
大切になるのだな。
関連記事

早死にする職業ランキング 5位 病棟勤務の看護師 | トップページへ戻る | 直接動脈穿刺による採血など13行為を、特定行為に位置づける提案

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント