トップ  >  健康  >  よく寝る人は、心臓血管系の病気のリスクを大幅カット

よく寝る人は、心臓血管系の病気のリスクを大幅カット

2013年07月19日

睡眠が心臓や血管の病気にどのくらい良いかということが報告されました。
ということです。

よく寝る人は……心臓血管系の病気のリスクを大幅カット - QLifePro医療ニュース

記事によると、

十分な睡眠を取っている人と、睡眠障害、睡眠不足を抱える人たちを比べると、病気にかかるリスクが22%、心臓血管系の病気による死亡率が43%低くなることが分かったのです。

ということ。



関連記事

看護師長ら向け労働時間管理相談窓口を設置- 日看協、人事労務悩みに回答 | トップページへ戻る | 熱中症による救急搬送が1週間で1万人超す

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント