トップ  >  ニュース  >  優等生は喫煙率が低い

優等生は喫煙率が低い

2013年07月18日

マドリッドの79の学校に通っている、高校生(平均16歳)3622人を対象にしました。生徒へのアンケートを元に、本人の学業成績、両親の学歴や、親が喫煙を容認しているかどうか、また私立校と公立校の違いなどを分析しました。
ということ。

優等生は喫煙率が低い - QLifePro医療ニュース

国が違っても、
同じような傾向があるのだろうか。

関連記事

注射するだけで呼吸を30分間しなくても生存できる酸素薬剤が開発される!! | トップページへ戻る | 子どもと仕組み違う「大人のアレルギー」花粉症との関連も

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント