トップ  >  医療  >  子どもと仕組み違う「大人のアレルギー」花粉症との関連も

子どもと仕組み違う「大人のアレルギー」花粉症との関連も

2013年07月17日

食物アレルギーといえば、子どもが発症する卵や乳製品などのアレルギーが一般的だが、大人になって突然発症するケースが増えている。しかも大人の場合、食べ物以外の予期せぬものが原因になることもわかってきた。
という記事。

子どもと仕組み違う「大人のアレルギー」花粉症との関連も〈AERA〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

記事によると、

ハンノキやシラカンバなどで花粉症になった人は、似たアレルゲンを持つバラ科のリンゴやビワ、モモなどと交差反応を起こし、アレルギー症状が出るという。医療用手袋などに使われている天然ゴムの「ラテックスアレルギー」も、バナナやキウイと交差反応を起こすことが知られている。

医療現場では、
ラテックスアレルギーの人が時々いるけど、
ラテックスアレルギーの人が、バナナやキウイと交差反応を起こすことがあるとは、
知らなかった。



関連記事

優等生は喫煙率が低い | トップページへ戻る | 中国で寿命格差、原因は石炭暖房

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント