トップ  >  医療  >  頭蓋内出血患者に積極的な降圧をすることで機能的転帰は向上

頭蓋内出血患者に積極的な降圧をすることで機能的転帰は向上

2013年07月16日

頭蓋内の出血発生から6時間以内で血圧上昇の患者に対しては、積極的な降圧治療を行うことにより、死亡や障害リスクは低減しないのだが、機能的転帰は向上する可能性が高いということがわかった。豪州Sydney大学のCraig S. Anderson氏らが、NEJM誌2013年6月20日号に報告している。
ということ。

頭蓋内出血患者に積極的な降圧をすることで機能的転帰は向上 - QLifePro医療ニュース

そうであってくれないと、
現在、医療現場で基本的に行われていることのに、
意味がないことになってしまう。
関連記事

降圧剤「バルサルタン」臨床結果データ問題で京都府立医大が不正事実認める | トップページへ戻る | 食器の色で食べ物の味が変わる

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント