トップ  >  健康  >  「月4回以上の夜勤」で医師の喫煙率アップ

「月4回以上の夜勤」で医師の喫煙率アップ

2013年07月14日

日本医師会が8月29日の定例記者会見で公表した、2012年の喫煙意識調査結果によると、喫煙率は男性医師12.5%、女性医師2.9%で、調査を開始した2000年よりも有意に減少していることが明らかになった(資料は、日医のホームページに掲載)。調査は4年ごとに実施、今回は4回目。2000年の時点で男性医師27.1%、女性医師6.8%。男性医師15.0%、女性医師4.6%だった前回の2008年調査と比べても、有意ではないが、男女とも減少している。
ただし、勤務状況や生活習慣などにより、喫煙率には差が見られる。医師の喫煙に陽性に関連する要因は、「男性、60歳代、月4回以上の夜勤・当直、毎日の飲酒週間、運動習慣がないこと」だった。

ということ。

m3.com | 医療維新

看護師が女性の喫煙率が高い職業であるのも、
夜勤があることと関係しているのかもしれないと思った。
関連記事

コーヒー・紅茶の摂取量と原因別の死亡率の関係~人種によって異なる? | トップページへ戻る | イライラが多い中年男性

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント