トップ  >  ニュース  >  サッカーのヘディング回数と脳損傷に関連性

サッカーのヘディング回数と脳損傷に関連性

2013年07月07日

米ニューヨーク市のイェシーバー大学の研究者らが、サッカーのヘディングの回数と脳損傷に関連性がみられるとの研究結果を、放射線学の専門誌に発表した。
ということ。

サッカーのヘディング回数と脳損傷に関連性=米研究 | 世界のこぼれ話 | Reuters

記事によると、
ヘディングを年間800―1500回以上行った場合、脳への異常が確認でき、1800回を超えると記憶機能に変化が表れたという。
とういこと。

普通のプロサッカー選手は、
年間どのくらいヘディングをしているのだろうか。

関連記事

「橋修繕」15%どまり | トップページへ戻る | 米小児科学会 急性細菌性副鼻腔炎治療ガイドライン改訂

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント