トップ  >  ニュース  >  「橋修繕」15%どまり

「橋修繕」15%どまり

2013年07月08日

地方自治体が管理する全国の長さ15メートル以上の橋のうち、必要とされた修繕を実施した割合が15%にとどまることが2日、国土交通省のまとめで分かった。特に、市町村管理分では5%しか実施できていない。背景には、自治体の予算や職員不足がある。国は6年前から、計画的な点検で小さな損傷を見つけて予防的に修繕するよう求めてきたが、依然として進んでいない現状が明らかになった。
ということ。

<橋修繕>15%どまり 地方自治体管理の6万9000本 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

私の実家のある街で、落ちた吊り橋も、
水窪で吊り橋のワイヤが切れ、吊り橋が傾く: 水窪の名所 イベント お土産 文化 食べ物 方言

私の現在住む地域で、落ちかけた橋も、
出かけよう!北遠へ-ふるさと散歩道: 原田橋 新橋は鋼製アーチ橋で架け替え

修繕されていない橋だったのだろうな。
関連記事

16年間コーラだけ飲み続けると | トップページへ戻る | サッカーのヘディング回数と脳損傷に関連性

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント