トップ  >  医療  >  米小児科学会 急性細菌性副鼻腔炎治療ガイドライン改訂

米小児科学会 急性細菌性副鼻腔炎治療ガイドライン改訂

2013年07月07日

2013年7月1日-米小児科学会は、1~18歳までの急性細菌性副鼻腔炎治療ガイドライン改訂版を発表した。ガイドラインは、1966年から2009年までの比較試験、メタ分析、小児科研究に基づいて制定されている。2001年版からの変更。ガイドラインではあるが、個々の事情に合わせて柔軟な対応を行うよう記載されている。
ということ。

米小児科学会 急性細菌性副鼻腔炎治療ガイドライン改訂 - QLifePro医療ニュース

記事より一部抜粋。

急性上部気道感染は下記症状で診断する。
1)10日以上の鼻漏または昼間の咳
2).症状の悪化または改善後の鼻漏・発熱
3).3日以上39度以上の熱と化膿性鼻漏


私の務めるような田舎の病院には、
様々な病気の人や、年齢の人が入院していて、
ときどきは、小さい子供も入院する。

いろんなことを広く浅くしっていると、
役に立つことがある。



関連記事

サッカーのヘディング回数と脳損傷に関連性 | トップページへ戻る | 看護学生 胃、大腸写真撮りツイッターに 

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント