トップ  >  医療  >  尿路カテーテル抜去時の抗菌薬投与で感染リスクが低下

尿路カテーテル抜去時の抗菌薬投与で感染リスクが低下

2013年07月06日

入院中に尿路カテーテルを留置された患者に対し、カテーテル抜去時に抗菌薬を予防的に投与すると、その後の症候性尿路感染症のリスクがほぼ半減することが示された。米Washington大学のJonas Marschall氏らによる系統的レビューとメタ解析の結果で、論文はBMJ誌電子版に2013年6月11日に掲載された。
ということです。

尿路カテーテル抜去時の抗菌薬投与で感染リスクが低下:日経メディカル オンライン

尿路カテーテルを抜く前には、
尿の中の細菌の検査をして、必要なら抗生剤を予防的に投与する、
ということが、
当たり前に行われるときがくるかもしれないなと思いました。

関連記事

看護学生 胃、大腸写真撮りツイッターに  | トップページへ戻る | 医師ら報酬2400万円を全額受領 治験データ改ざん

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント