トップ  >  医療  >  1人当たり医療費、日本はOECD平均以下

1人当たり医療費、日本はOECD平均以下

2013年07月04日

経済協力開発機構(OECD)の健康関連指標をまとめた「ヘルスデータ2013」が公表され、日本の1人当たり医療費支出はOECD平均を下回る一方、依然として1人当たり病床数が圧倒的に多い状況が紹介されている。
ということ。

1人当たり医療費、日本はOECD平均以下-2013年ヘルスデータ公表 (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

一人当たりにかかる医療費は少ないけど、
平均寿命は長いのが日本。

日本の医療の値段は国が決めているので、
それがかなり安く設定されているのだろう。

病床数については、
医療用の病床と、介護用の病床との考え方の違いが、
影響してくるはず。

そのあたりの基準を発揮しておかないと、
一概に比べられることではないのではないかな。


関連記事

看護師届け出制度創設へ | トップページへ戻る | 不調のモトは食道にアリ!? GERD(ガード) 最新報告

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント