トップ  >  医療  >  フィリップス、京都府立医大 高齢者の転倒・転落監視システムの検証を開始

フィリップス、京都府立医大 高齢者の転倒・転落監視システムの検証を開始

2013年06月29日

フィリップス・レスピロニクスが京都府立医科大学と共同で「ITを用いた高齢者における転倒・転落監視システム」の研究に着手した。
ということ。

フィリップス、京都府立医大 高齢者の転倒・転落監視システムの検証を開始 - QLifePro医療ニュース

これは転倒を早く発見する装置のようだけど、
転倒を予防する装置ができたらいいなと思う。




関連記事

介護支援専門員の半数、医師との連携に不満-愛媛大病院と県の調査で判明 | トップページへ戻る | 目にも善玉菌の存在

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント