トップ  >  介護  >  介護支援専門員の半数、医師との連携に不満-愛媛大病院と県の調査で判明

介護支援専門員の半数、医師との連携に不満-愛媛大病院と県の調査で判明

2013年06月30日

介護支援専門員の半数近くが医師との連携に不満を感じていることが、愛媛大医学部附属病院と愛媛県が行ったアンケート調査で分かった。医師への不満の理由は、連絡の取りにくさや介護保険に関する知識不足などが多かったという。
ということ。

介護支援専門員の半数、医師との連携に不満-愛媛大病院と県の調査で判明 (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

医師との連携は、
どのコメディカルにとっても課題だと思いますし、
医師同士の連携というのも、
もっと改善されてもいいのだろうなと思います。

関連記事

訪問介護2級資格で204人分の偽の修了証明書を発行 | トップページへ戻る | フィリップス、京都府立医大 高齢者の転倒・転落監視システムの検証を開始

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント