トップ  >  介護  >  介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省

介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省

2013年06月21日

厚生労働省は18日、介護現場などで腰痛に悩む介護士らが増加していることを受け、「職場における腰痛予防対策指針」を19年ぶりに改定した。高齢者らを介助する際、抱え上げると腰に大きな負担がかかるため、「原則として人力による抱え上げは行わせない」と新たに明記。リフトなどの福祉機器を使用し、やむを得ない場合は、2人以上で行うよう求めた。 
といういことです。

介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省 (時事通信) - Yahoo!ニュース

移乗時など抱え上げ「原則、行わせない」 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン

厚生労働省のページ

職場における腰痛予防の取組を!|報道発表資料|厚生労働省

「やめて」と言われても・・・。

というような場面が、
減るといいなとおもう。

関連記事

ランニングシューズは、続くことが分かってから買おう | トップページへ戻る | 大人の10%が不眠、睡眠薬の適正使用に向け指針発表

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント