トップ  >  健康  >  ランニングシューズは、続くことが分かってから買おう

ランニングシューズは、続くことが分かってから買おう

2013年06月22日

British Journal of Sports Medicineに発表された調査結果で、927人のビギナーランナーを対象に、ランニングの時に使っている靴と足首の重心が、足を痛めるリスクに関係しているかどうかを追跡したものが、この常識を覆しました。
これによると、最初の250㎞までは、どのような靴のタイプでも、足を痛めるリスクには変わりがないことが分かりました。

ということです。

ランニングシューズは、続くことが分かってから買おう - QLifePro医療ニュース

シューズ会社が反論しそうな結果ですが、
格好にこだわらずまずは走ってみる、
ということでいいようです。


関連記事

看護スタッフの希望で実施困難な項目も-大看協、夜勤・交代制ガイドラインで調査 | トップページへ戻る | 介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント