トップ  >  健康  >  大人の10%が不眠、睡眠薬の適正使用に向け指針発表

大人の10%が不眠、睡眠薬の適正使用に向け指針発表

2013年06月21日

厚生労働省の研究班と日本睡眠学会は6月13日、睡眠薬の適正な使用に向けたガイドライン(指針)を発行した。国内では大人の約10%が不眠といわれる中、睡眠薬処方の用量や複数の薬を使うケースなどが増える傾向にある。こうした背景からまとめられたガイドラインは、最新の研究結果を基に、安全で効果的な治療指針を明示。治療の「出口」である、減薬(薬の量を減らすこと)や休薬(薬の服用を中断すること)の適切な方法も記されている。
という記事。

大人の10%が不眠、睡眠薬の適正使用に向け指針発表 | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

ガイドラインは

http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf

ガイドラインを一部読んでみたけれど、
看護師としても、勉強になるところがあるなと思った。

関連記事

介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省 | トップページへ戻る | 高齢者の地方受け入れ、取り組み例など報告-都市部の高齢化対策検討会

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント