トップ  >  健康  >  多種多様な虫よけ製品、何が違う?

多種多様な虫よけ製品、何が違う?

2013年06月15日

様々な虫よけ剤が実用化されているが、それらはディート(DEET:ジエチルトルアミド)を有効成分とする製品(写真A)と、ディート不使用の製品(写真B)に大別できる。
ということ。

多種多様な虫よけ製品、何が違う?:日経メディカル オンライン


記事によると、

厚生労働省は6カ月未満の乳児にディートを使用すべきではないとしているが、米国小児科学会による年齢制限は2カ月未満となっている。

ユーカリ油は、蚊に対して低濃度のディートと同様の効果があるとの報告があり、国内でもユーカリ油を有効成分とする虫よけ剤が複数販売され、乳児を対象とする製品もある。

ただし、「CDCはユーカリ油を3歳以下に使用しないよう発表している」と高崎氏。ユーカリ油の小児における安全性データがそろっていないためだろうと、その理由を推測する。


ということです。


さらに、

肌に直接塗るタイプの虫よけ剤に加えて、ペルメトリンを含む忌避剤を衣服などに塗布することも、虫よけ効果がある。近年、洗濯しても忌避剤が取れずに効果が持続する技術が開発された。

ということで、
このような技術が応用された商品として、
アマゾンだとこういったものが売られていました。

防虫効果のある衣料品
 
関連記事

子宮頸がんワクチン 接種呼びかけ中止へ 副作用報告を重視 | トップページへ戻る | 赤いウェアの男性は高テストステロン

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント