トップ  >  ニュース  >  熱中症「無罪」の理不尽 “仰天判決”に被害者は納得できるか

熱中症「無罪」の理不尽 “仰天判決”に被害者は納得できるか

2013年06月11日

「熱中症で判断能力が低下する中、被害妄想の影響を受けていた可能性がある」。神戸地裁は5月28日、男性2人を殴るなどし、重軽傷を負わせたとして傷害罪に問われた香川県丸亀市の会社員(31)に対し、無罪を言い渡した。熱中症を理由に心神喪失を認定した異例の地裁判決に、「本当に熱中症だったといえるか疑問」「納得できる内容」と賛否両論が渦巻いている。暑さが本格化して患者が増える夏場を控え、前代未聞の“熱中症無罪”は、その議論もヒートアップしている。
ということ。

熱中症「無罪」の理不尽 “仰天判決”に被害者は納得できるか (産経新聞) - Yahoo!ニュース

夏場の犯罪は、
無罪になりやすくなったりして。
関連記事

未承認の遺伝子組み換え小麦 オレゴン州で発見 | トップページへ戻る | 暴言の6割は脅迫・恐喝に発展する

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント