トップ  >  介護  >  利用者宅を外から施錠、半年の営業停止へ-神戸の訪問介護と居宅介護支援事業所

利用者宅を外から施錠、半年の営業停止へ-神戸の訪問介護と居宅介護支援事業所

2013年06月08日

家族や本人の了解を得ず、利用者宅を外部から施錠していたとして、神戸市は、セントケア西日本(同市)が運営する居宅介護支援事業所「セントケア北六甲」(同市)と、日本エルダリーケアサービス(東京都港区)が運営する訪問介護事業所「あじさいのもり神戸」(神戸市)について、介護保険法に基づき、半年間の営業停止処分にすると発表した。
ということ。

利用者宅を外から施錠、半年の営業停止へ-神戸の訪問介護と居宅介護支援事業所 (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

利用者の家族に相談することもなかったというのは、
なぜそういうことがおきのたのだろうかとおもう。


関連記事

インターベンションを行う医師の脳腫瘍 | トップページへ戻る | 高齢者の定義、65歳以上の妥当性検討へ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント