トップ  >  老化  >  高齢者の定義、65歳以上の妥当性検討へ

高齢者の定義、65歳以上の妥当性検討へ

2013年06月07日

日本の高齢化が加速する中、日本老年医学会(理事長=大内尉義・虎の門病院院長)が、一般に65歳以上とされる高齢者の定義の妥当性を検討するワーキンググループを設置したことが分かった。同学会や日本老年社会科学会など、7学会でつくる日本老年学会が4日に大阪市で開いた総会で、荻原俊男会長(森ノ宮医療大学長、阪大名誉教授)が明らかにした。
ということ。

高齢者の定義、65歳以上の妥当性検討へ-日本老年医学会 (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

記事を一部抜粋すると、

高齢者の定義は75歳ぐらいが適当だろう

ということのようです。


関連記事

利用者宅を外から施錠、半年の営業停止へ-神戸の訪問介護と居宅介護支援事業所 | トップページへ戻る | <アトピー>皮膚の炎症、カビが原因

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント