トップ  >  医療  >  手術を受けるなら月曜日? 曜日で異なる死亡リスク

手術を受けるなら月曜日? 曜日で異なる死亡リスク

2013年06月05日

平日に緊急入院した患者と比べ、週末に入院した患者の死亡率などが高くなる「週末効果(weekend effect)」が、いくつかの研究から報告されている。そんな中、平日の中でも曜日によって手術を受けた患者の死亡率が異なる「平日効果(weekday effect)」があることを、英インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生学部のP. Aylin氏らが、5月28日発行の英医学誌「BMJ」(2013; 346: f2424)に発表した。月曜日に手術を受けた場合に比べ、週末に向かうほど死亡リスクが上昇していたという。
ということ。

手術を受けるなら月曜日? 曜日で異なる死亡リスク | あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

そういうこともあるんだな。

週末ほど、
病院の職員数が手薄になるせいかな。

そうすると、
病院の体制によって、
リスクがかわってくることになるかな。

関連記事

皮膚感染症、学校のプールに入ってもいい?-臨床皮膚科医会ら統一見解 | トップページへ戻る | 日本腎臓学会など、血尿診断ガイドラインを改訂

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント