トップ  >  医療  >  アルツハイマー病が発病する前から診断や治療う臨床研究開始

アルツハイマー病が発病する前から診断や治療う臨床研究開始

2013年05月30日

アルツハイマー病が発病する前から診断や治療を行い、予防を目指す前例のない臨床研究や臨床試験(治験)が日米で始まる。「症状が出る前なら予防可能」という考えに基づく。うまくいけば、治療の大きな転換点となる。
という記事。

朝日新聞デジタル:アルツハイマー予防、日米で治験へ 脳の蓄積物質で診断 - テック&サイエンス

早く予防できるようになってほしいな。
関連記事

痒みのメカニズム、意外な正体が判明 | トップページへ戻る | 静岡県で看護師の夜勤見直し 時間短縮の動き

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント