トップ  >  医療  >   乳児の成長に影響する腸内細菌

乳児の成長に影響する腸内細菌

2013年05月27日

乳児の初期の成長は、消化器系に生息する細菌の種類によって影響されることが、新たな研究でわかった。新生児の無菌の消化管には、すぐにさまざまな細菌が棲みつく。ノルウェー公衆衛生研究所のMerete Eggesbo氏らの研究グループは、特定の種類の細菌と乳児の成長速度の関連を突き止めた。
ということ。

乳児の成長に影響する腸内細菌(2013.5.23掲載)

成長にまで影響を与えるとは。

関連記事

看護師らに護身術指導 | トップページへ戻る | 聖路加国際病院、予防のための切除手術の体制整う

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント