トップ  >  医療  >  聖路加国際病院、予防のための切除手術の体制整う

聖路加国際病院、予防のための切除手術の体制整う

2013年05月27日

アメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のための切除を受けたことで話題になっている。乳がんも他のがんと同様、その要因には、環境要因と遺伝要因の両方があり、母親や姉妹が乳がんになった場合は、そうでない一般のケースと比べて2~4倍乳がんになるリスクが高いと言われている。乳がんのうち5~10%は、強い遺伝要因が影響して発症していると推測されている。このリスクを軽減させるために行うのが、今回アンジェリーナ・ジョリーさんの行った手術である。
という記事。

聖路加国際病院、予防のための切除手術の体制整う - QLifePro医療ニュース

医療保険の適用外だけど、
日本でもできるのだな。

関連記事

乳児の成長に影響する腸内細菌 | トップページへ戻る | 在宅がん患者、端末で支援

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント