トップ  >  健康  >  年をとると脳が色の見え方を調節

年をとると脳が色の見え方を調節

2013年05月19日

年を取ると、
目のレンズの性能は落ちてくるみたいですが、
若い頃のように色を見分けられるのは、
脳がレンズの性能を補ってくれるからのようです。

新発見 年をとると脳が色の見え方を調節 - QLifePro医療ニュース

人間の感覚というのは、
感覚器だけの問題ではなく、
脳を含めたその人全体(性格や過去の経験なども含めて)と、
関係しているのだろうなと思います。

関連記事

地域医療の崩壊招く劇毒 サ高住業者の患者斡旋 | トップページへ戻る | 医師の3人に1人が「僻地医療を検討してもよい」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント