トップ  >  看護  >  栄養チューブの詰まりを開通するために濃度の高い酢酸液を注入して医療事故が発生

栄養チューブの詰まりを開通するために濃度の高い酢酸液を注入して医療事故が発生

2013年05月14日

横浜市立大学附属病院は患者に濃度の高い酢酸液を注入して医療事故が発生したことを4月30日に公表した。
ということ。

栄養チューブの詰まりを開通するために濃度の高い酢酸液を注入して医療事故が発生 - QLifePro医療ニュース

このブログ記事が詳しいです。

栄養カテーテル詰まり除去 高濃度酢酸液注入で女性患者死亡=腸に損傷、医療ミス!? 横浜市大病院 : 前から後ろから!

食用酢で胃瘻の清潔の保持をおこなう方法が載っています。

http://www.tama-irount.com/seminar/backnumber/skill_semi/skill_01.pdf

この場合でも、
食用酢を10倍に薄めています。

25%の酢酸を胃の中に注入するという感覚が、
どうして出てくるのだろうかと、
思いました。


関連記事

個別指導を発端に自殺に至ったある女性医師の物語 | トップページへ戻る | 昆虫を食べよう=FAOが報告書

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント