トップ  >  医療  >  陣痛促進剤 8割で基準逸脱

陣痛促進剤 8割で基準逸脱

2013年05月09日

出産で重度の脳性まひになった子どもに対し補償する「産科医療補償制度」について、運営する公益財団法人「日本医療機能評価機構」は7日、補償対象事例の原因分析結果をまとめた報告書を発表した。陣痛促進剤が使われた事例の8割近く(56件中43件)で診療ガイドラインなどの基準を逸脱していたほか、妊婦本人に投与の同意を文書で得ていたのは2割(同12件)にとどまるなど、ずさんな投与実態が明らかになった。
ということ。

<陣痛促進剤>産科医療補償報告書 8割で基準逸脱 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

現場の問題というよりも、
産科医療全体の問題なんだろうなとおもう。



関連記事

テレビゲームで脳の衰え回復に成功 | トップページへ戻る | 心の柔らかさは身体の柔らかさにリンク

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント